印刷

中学生の皆さんへ卒業生からのメッセージ

本校卒業生から中学生へのメッセージ

37期生

Aさん(進路先 東京女子体育大学 体育学部 体育学科)

本校志望のきっかけは?
〇学校説明会や部活動に参加して、自分に合っているかもしれないと感じるようになりました。

入学してどうでしたか?
〇入学後は色々なタイプの人と友達になることができました。
〇勉強は苦手でしたが、先生に聞きにいったところ、先生方は親身になって教えてくれました。

部活動には所属していましたか?
〇バスケットボール部に所属し、キャプテンも務めました。
  大きな大会へは行けませんでしたが、ここでしか得られないもの、一緒に悩んで助け合った先輩、
   同期、後輩、顧問のありがたさが分かり、バスケをやって良かったと思いました。

中学生の皆さんに向けてメッセージを
〇私は、現在教員免許取得に向けて日々勉学に励んでいます。
〇高校の3年間は、人生において本当に重要な時期だと思います。
    後悔しないように自分の納得のいく選択をしてください。
〇部活動に入ることもおすすめします。失敗することも多くあると思いますが、色々なことに挑戦し、頑張ってください。


Bさん(進路先 東京経済大学 経営学部)

本校で一番力を入れていたことは何ですか?
〇勉強です。
〇毎回の授業を集中して受け、定期テストの勉強も入念に取り組んだ結果、初めてテストでクラス1位になることができました。  
  その後もクラス1位を維持することを目標にし、モチベーションを持ち続けたので、その後のテスト勉強も頑張ろうと思えるよう になりました。

部活動には所属していましたか?
〇書道部に所属し、2年生から部長を務めていました。

大学生活はどうですか?
〇私は現在、東京経済大学で経営学を学んでいます。
〇指定校推薦で入学できたのは、高校の定期テストで常に高得点を取り、評定平均を上げることができたからです。
〇何より高校の授業で学んだ基礎的な知識のおかげで、大学の難しい授業にもついていけていると実感しています。

振り返ってみて、高校生活はどうでしたか?
〇羽村高校には、様々な楽しい学校行事があり、素敵な友人や先生と充実した高校生活を送ることができました。

中学生の皆さんに向けてメッセージを
〇これから高校生活を送るみなさん、将来のことを考えながら楽しい高校生活を送ってください。


38期生

Cさん(進路先 西東京農業協同組合)


本校志望のきっかけは?
〇私は、姉が羽村高校で充実した学校生活を送っていた影響もあり、同じ羽村高校へ入学しました。

入学してどんなことに取り組みましたか?
〇体育が好きで、中学生の頃にもやっていた体育委員を高校でも3年間務めました。
〇それ以外に何か新しいことを始めたいと思っていた頃、担任の先生に勧められ、生徒会に立候補し、球技大会や文化祭、体育祭などで様々な仕事を行いました。

そのことを通して何か得たものはありますか?
〇普通に学校生活を過ごすだけではきっと出会うことすらなかった他のクラスや学年、部活動の人たちと関わりをもつことができました。
〇大変なこともありましたが、とても貴重な経験と素晴らしい思い出を得ることが出来ました。
学習面ではどうでしたか?
〇先生方の解かりやすい教え方やアドバイスのおかげで、勉強にもしっかりと取り組み、無事に進路先を選び、内定することができました。

中学生の皆さんに向けてメッセージを
〇卒業してからも、高校生活で得た経験はきっと活かせると思います。在校生や新入生の皆さんも、一日一日を大切に、後悔のないよう充実した高校生活を過ごして下さい。


Dさん(進路先 帝京大学法学部法律学科)

本校の3年間で最も頑張っていたことは何ですか?
〇部活動です。
〇私は硬式テニス部に所属し、一番手としてチームを引っ張っていきました。

部活動を続けていく上で大変だったことはありますか?
〇入部したての頃は、団体戦で上位に入ることがなかなかできませんでした。
〇個人個人の実力もそうでしたが、何よりもチームワークの乱れがありました。
それを解決するためにどうしましたか?
〇チームメイト同士で技術指導をし合ったり、普段の練習だけでなく学校生活でも部員同士でコミュニケーションをとったりする時間を増やすようにしました。
〇そうすることで、自然とチームワークが良くなり、団体戦で表彰されることも多くなりました。

特に顕著な結果は?
〇私たちの代の引退試合、都立対抗テニス大会では、チームワークの良さと、皆で一生懸命練習した成果が実り、優勝しました。
〇今まで部活をしてきて本当に良かったなと思うことができました。

羽村高校はどんな学校でしたか?
〇羽村高校を受験される皆さん、勉強は大変だと思いますが、羽村高校は和気あいあいとして、楽しい生活が送れます。
〇部活動も盛んですので、部活動に入部することをお勧めします。勉強、頑張ってください。



Eさん(進路 駒沢大学 文学部 心理学科)

羽村高校の3年間で頑張ってきたことは何ですか?
〇三年間、漫画研究部に所属していました。
〇そのことで交友関係の幅が広がり、友人たちと切磋琢磨しながら、目標を持って学校生活を送ることができました。

希望進路の実現に向けて特に努力してきたことはありますか?
〇部活動や無遅刻無欠席を三年間続けることで、推薦入試にも有利になります。
〇また、進路選択の際や、推薦入試の時には、先生方にアドバイスをもらうことで、しっかりと対策を練ることができました。

中学生の皆さんに向けてメッセージを
〇羽村高校には個性豊かなメンバーがたくさんいます。
〇最初は緊張するかもしれませんが話をすると色々な発見があると思います。
一度きりの高校生活を、ぜひ楽しんで過ごして下さい。


Fさん(進路先 都立青梅看護専門学校 看護学科)

看護学校に進もうと思ったきっかけは?
〇高校2年生の時、担任の先生に進路の相談を持ちかけたことがきっかけです。
自分でも驚いたことに、あがり症で心配性な私が、難関と言われていた看護学校に合格しました。

進路実現に向けて、どんな課題がありましたか?
〇個人面接が大きな鍵となっていたため、受け答えの練習が必要不可欠でした。
〇しかし、私は昔から人一倍あがり症で、緊張のせいか大事な場面で自分本来の力を発揮できたことがありませんでした。

どのようにして、その課題を解決できましたか?
〇そんな私の背中を押してくれたのが、先生や友人の存在でした。
〇放課後に忙しい中、時間を割いて面接の指導をして下さった先生。
思ったように受け答えが出来ず、泣き出してしまった私に自信を持たせようとあたたかい言葉を沢山かけてくれました。
〇また、受験勉強でいっぱいいっぱいだった私を励まそうと陰ながら応援してくれた友人。
受験当日に勇気の出る手紙とお菓子をくれました。
〇私のために、こんなにも多くの人が力を貸してくれているのだと実感した時、モチベーションがぐんと上がりました。

この経験を踏まえて、中学生の皆さんにメッセージを
〇どんなに不得意なことであっても、自分に期待してくれる人がいる限り逃げずに最後までぶつかって下さい。
〇プレッシャーもあるとは思いますが、自分のことを応援してくれる人々の大切さを改めて確認することが実力の発揮に繋がるのだと思います。
 
〒205-0012 東京都羽村市羽4152-1
電話 : 042(555)6631 ファクシミリ : 042(555)0430
E-mail : S1000170@section.metro.tokyo.jp